DORA麻雀の実践記録をつづっていきます。めざせ月30万!

麻雀~多面待ちの基本形~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多面待ちの超基本形を紹介します。

ここに紹介する形は実践でよく使いますので必ず暗記しておきたいところです。

基本三メンチャン① スジ一列

sanmen1
三メンチャンでもっとも基本的な形です。

m1 m4 m7 待ち。

ちょうど一つのスジが待ちになっています。

基本三メンチャン② 両面と単騎の複合形

sanmen3
単騎待ちと両面待ちの基本複合形です。

s6 s8 s9 待ちです。

和了する牌によって基本点が変わります。平和手の場合、単騎待ちで上がれば平和はつかなくなります。

基本三メンチャン③ 単騎三メンチャン

sanmen4
単騎3メンチャンです。

m2 m5 m8待ちになります。

スジ一列があがり牌になります。

基本三メンチャン④ シャボテン待ちと両面の複合形

sanmen5
両面とシャボテン待ちの複合形です。

p2 p5 j5 待ちです。

ただ p2 が3枚自分で使ってますので、3メンチャンとしては待ち牌が少なくなります。

変則2面待ち カンチャンと単騎複合

2men1
m7 m8 待ち。

m7m9のカンチャンとm7単騎。

簡単な複合形だが、一色手などでこの形になると見過ごされがちなので気をつけたい。

変則2面待ち ペンチャンと単騎複合

2men3
m7 m8待ち。

m8m9ペンチャン待ちとm8単騎待ちです。

上記、基本的な多面待ちの形になりますので、まずはこの形をしっかり覚えておきたいところです。

次回はさらに多面待ちを網羅していきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

管理人紹介


DORA麻雀の哲です。ギャンブルと酒をこよなく愛する30代男性。DORA麻雀で生活できるようになったらいいなと都合のよいことを夢見るおっさんです。

感想などあればぜひコメント欄に書きこんでください!

14年11月戦績 痛恨の-10万!

姉妹サイト

オンラインカジノ入門

gototop

最近のコメント