DORA麻雀の実践記録をつづっていきます。めざせ月30万!

tamenbanner2

前回より出現頻度は下がりますが、暗刻がらみの多面待ちを解説します。

二つの暗刻で1,4,7牌を挟む

二つの暗刻で1、4、7牌を挟む多面待ちの形です。暗刻のハジからハジまでが待ちになり、とても広い待ちになります。

暗刻で1、4、7のスジの数の牌を囲む形ですので比較的覚えやすいと思います。

このタイプは3種類あります。

二つの暗刻で1牌を挟む

 
1hasamu

p2 から p6 まですべて待ち。変則5メンチャン。

二つの暗刻で4牌を挟む

4hasamu

p2 から p9 まですべて待ち。変則8メンチャン。

二つの暗刻で7牌を挟む

7hasamu

p1 から p9 まですべて待ち。変則9メンチャン。

この形は「九蓮宝燈」九面待ちしかありません。

二つの連続した暗刻+一牌

ops

p4 から p7 まで待ちの変則4メンチャン。

一牌しかない牌のほうのとなりまで待ちになる。

二つの暗刻で間をあけて挟む

aida

p5 p6 p7 待ち。

二つの暗刻で一牌を間をあけて挟む形です。暗刻の内側が待ちになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

管理人紹介


DORA麻雀の哲です。ギャンブルと酒をこよなく愛する30代男性。DORA麻雀で生活できるようになったらいいなと都合のよいことを夢見るおっさんです。

感想などあればぜひコメント欄に書きこんでください!

14年11月戦績 痛恨の-10万!

姉妹サイト

オンラインカジノ入門

gototop

最近のコメント